こんにちは パトリックです。

今回はベトナム商工会議所ホーチミン支部のご紹介で

Vasep ベトナム水産輸出加工協会を訪ねてきました。

DSC_0360
がしっとしたVasepオフィス

 

 

 

 

 

 

DSC_0361

 

 

応対していただいたのは プロモーション部門のNGANさんでした。

DSC_0363

 

よろしくお願いしまーす

 

Vasepは1998年に設立されたNPO,NGOです。

270の会員がいて そのうちの8割は中小企業です。

主な会員は水産加工業者 または輸出業者です。 ですが それ以外でも 例えば運送業者や銀行など 水産輸出加工のコミュニティーに属する企業が会員でいることもあります。

 

全会員でベトナムの水産物輸出売り上げのおよそ85%を担っています。

水産物輸出はベトナムが輸出しているものの 5番目の規模で 大体総輸出額の10%を占めています これはベトナムGDPの5%くらいに値します。

それの85%ですので Vasepはかなり大きな規模団体だと言えます。

 

今 Vasepは世界の160か国に水産物を輸出しています。

 

Vasepの中には3つの委員会があります。

エビ、パンガシウス(白身のナマズ) そして それ以外のシーフードです。

エビに関しては 現在の競争相手はタイですね。 あとインドもすごい勢いで追いかけてきています。

パンガシウスに関しては正直競争相手いないんですよ。 ベトナム由来の魚と言うのもあると思います。

ただパンガシウスに関しては困ったことに ブランド力がないので輸出量はどんどん増えていっているのですが むしろ単価は下がっていっているんですね。 なんとかしなければいけません。

物によって輸出先変わってくるのですが まとめると

輸出先としては売上高では2014年 アメリカ22% ヨーロッパ18% 日本15% 韓国8% 中国7% アセアン6%というところです。

品目でいうと同じく2014年売上高で 冷凍のエビ50% パンガ23% マグロ6% イカタコ貝6%でした。

やっぱりメインはエビなんです。 が 価格の乱高下が強烈で2014年は価格が高くて良かったのですが2015年はガクッと下がりました。

2014年エビの売り上げが400万ドルだったのに 2015年は300万ドルになっちゃったんですよ! あの時はみんなひっくり返ってました。 今年は2015年よりは少しましな感じですが 2014年ほどではありません。。。

ちなみに現在のブラックタイガーの値段が 15匹で1キロのサイズで 1700円/キロ

ロブスターだったら 0.7から1キロのサイズで キロ 6000円ってとこですかね

 

DSC_0362

 

水産物の加工に関してはベトナム人向けと欧米人向けは違うんですよね。 欧米の人は冷凍で食べるのが基本ですし ベトナムの人は生とか冷蔵で食べるのが普通ですので。

あとベトナムの人はエビやパンガシウスだけでなくて アサリとか鰻とかも食べますし

 

 

正直ベトナムの 水産物加工の技術はとても高いんです。 いい機械も使っていますし 国際スタンダードにもちゃんと準拠しています。

なので 日本で食べられてるノルウェーのサーモンとかありますよね? あれって一回ノルウェーからベトナムに送られてきて それをベトナムで加工してから 日本に送られているんですよ。 知っていました???

機械を入れて 加工する魚がなくて遊ばせているのはもったいないですからね。 水産加工場所としてベトナムを使ってもらうっていうのも 新しいビジネスでいいと思っています。 もしかしたら急に魚獲れなくなったりすることもあるかもしれません。

いろんなお金の取りどころがあるというのは大事だと思っています。

 

 

ただ単にベトナムの水産物を買ってもらうというだけでなく 養殖のノウハウ等教えてもらいたいことも多々あると思います。 また最新の加工の機械を探してるVasep会員もいると思います。

いろんなところで海外とは接点を持ちたいと思っていますので なんでもお気軽に声をかけてください!

 

でも一番嬉しいのは やっぱりベトナムの魚介食べてくれることかな 笑

 

なので Vasep特製の エンジョイ!ベトナムシーフードカバンをプレゼントしておきます!

パトリックさん 是非これで ベトナムのシーフードしっかり宣伝してください!

DSC_0365

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございましたー