こんにちは パトリックです。

今日はベトナム商工会議所の紹介で ホーチミンにある ベトナム家具・木工工芸組合を訪ねました。

 

お邪魔しまーす

ホーチミンの街中に こそっと組合はありました。

 

DSC_0351

 

プロモーション部門の テムさんとロンさんが応対してくれました。

 

DSC_0355

 

よろしくお願いしまーす

 

 

 

HAWAは 25年前に設立されて 今では400の木工関係(家具が多い)のベトナム中小企業が会員になっています。

会員全てが家具製造業者かと言うと そうではありません。

家具作りにかかわる企業は色々ありますので、 家具を作る企業、木を切る企業、 その木を運ぶ企業、木を加工する企業、 組み立てる企業、 等々関連企業が加入しています。

逆に言うと1社だけで、 木の伐採から家具製作、運送から海外への販売までできる規模の企業は HAWAが知ってる中では 会員では1社しかありません。 ほとんど全てが中小企業と言うのは、そういう意味です。

大体 会員の総売り上げの中で 3割ぐらいがベトナム国内売り上げ 残りの7割が輸出での売り上げです。

輸出先のナンバー3は アメリカ ヨーロッパ そして日本です。

 

 

家具以外に木工工芸品も守備範囲です。

具体的に言うとどんなのかと言うと ラタン(藤)のバッグや ライトのカバー、竹細工や木工の模型船ですね。

残念ながらこの部門はなかなか 伸びが厳しい部門です。

この部門は特に輸出での売り上げが多くて、 特に日本がいいお客さんです。

あ そういえば木のキッチン用品(おたまとかスプーンとかヘラとか)ありますよね。

あの辺りは 伸びています。

特に 木のお盆(トレー)は 日本にすごくよく売れています。

 

では メインの家具部門についてですが、、、

13406795_1178547475536551_95676096139601905_n

 

 

 

 

 

 

メインの家具の輸出ですが 価格帯としては中価格帯が多いです。

中価格帯ってって聞くと まぁ大体シングルベッドで 100ドル行かないくらいとか そんな当たりだそうです。

どうしてもOEM(IKEA等の家具会社がデザインまで指定してきて その通りに作る それを家具会社の名前で売る)の仕事が多くて 単価の低い仕事しかできないので ODM(ベトナム方でデザインも考えて それを作って 家具会社の名前で売る そうするとデザイン料も貰える)の方向に 移行していきたいのですが やはり中々簡単ではないのです。

 

ベトナム家具としてのブランド力がないので ベトナムの家具が欲しい!と言われて買われることはまずなくて 適当な家具を買ったら たまたまベトナム産だった(若しくは それすら知られない、、、)と言うのが 現在の悲しい現実です。

13495304_1184576228267009_2085606109994235745_n

 

 

 

 

 

 

そんな現実の中 今狙っているターゲットは 新しく作られるチェーンのホテルやリゾートとの一括契約です。

この契約を取れると 新しくホテル作りました! 100室部屋あります。 もちろん新しくベッド100個 家具も100個 とこうなるので こういう契約を 世界中から取るのが 今ベトナム家具業界での大きなトレンドです。

 

競争相手としては 中国、マレーシア、タイというところです。

と言っても それらの国から木材買ったりもしますし 売ったりもしますし 純粋な競争相手という意味ではちょっとないですね。

 

そんなにたくさん家具作るとしたら ベトナム国内の木材とかの保護とかどうですか? とたまに聞かれるのですが、実はそんなにベトナムの木は切らない と言うよりも 政府によって厳しく規制されているので切れないのです。

13495025_1184576221600343_5477394912132730609_n

 

 

 

 

 

 

実は使用木材量においては 20%がベトナム国内材 80%がアメリカ、チリ等の輸入材です。

ベトナム国内向けの安価な家具は どうしても単価が安い国内材使用 高価な輸出家具には 高価な輸入材を使う事になってしますのです。

もちろんベトナムで取れる木(ゴムの木やアカシア) 取れない木という条件もありますが 結果的にはそういうことになってしまっています。

 

 

東南アジア諸国に向けて特にデザインした家具を売るという事は、そこのマーケットも特別大きいわけでもありませんので、あまり考えていません。

意外と家具のデザインは各国共通なもので、 欧米で売れるデザインが巡り巡って東南アジアでも売れるのです。

だからできるだけ欧米で売れるものを作るというところに、注力しています。

13427746_1175101855881113_7554906947530634647_n

 

 

 

 

 

 

 

ベトナムの家具産業の問題点は人材不足です。

元々きついのにそんなに給料も良くなく あまり家具業界で働きたいという若い人はあまりいません。

さらに経営者目線で言うと ベトナムで木工作成、木工デザインなどの学部がある大学がありません。 そのことから基礎知識、技能を持った若い人がいないことで 採用した人をゼロから育てていくことになるというのが 大変なのです。

ただこのことを踏まえてHAWAでも 新しくそういうことを学べる学部を ベトナムの大学内に作っていこうとしています。

13428439_1178551535536145_5089669500379386589_n

 

 

 

 

 

 

なにかHAWAがお手伝いできることがあれば お気軽にコンタクトしてくださいね!

DSC_0353
HAWA応接室

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました!

アメリカ、チリから木材運んできて ベトナムで加工して またそれをアメリカやヨーロッパに運んで 売っているという話を聞いて それでも元が取れると言うのが 凄いなぁと驚きました。

またやはり若手の人材確保という事で苦労されているのは どこの国でも同じなのかなと感じました。