今回は、ミャンマーの企業「Serge Pun & Associates(ミャンマー)Ltd.」(以下、SPA社)のCEOを務めるメルビン・パン氏を訪問し、お話を聞いてきました。このSPA社はシンガポール取引所(SGX)に上場する「Yoma Strategic Holdings社」のグループ企業であり、中国(大連)、香港、タイ(バンコク)にもそれぞれ各支店が置かれている国際的企業です。

Exif_JPEG_PICTURE
■メルビン・パン氏について
彼は、香港で育ち、その後英国で10年以上教育を受け、ケンブリッジ大学で銀行工学を学んだあと、Goldman Sachsに入りました。Goldman Sachs時代にはアジアの法人担当部局のマネージメントとして、日本、中国、インドネシア、韓国などを飛び回り12年間の勤めた後、今年6月SPA社のCEOに就任しました。

■同社について
創立者であるYSH社会長Serge Pun氏が1983年に香港でSPA社としてビジネスを始め、1991年ミャンマーに進出、6つの事業のホールディングスとしてSPA社を位置づけ、その後次々にアジアに進出し、アジアを横断する国際企業として広く展開しています。ミャンマー進出後18年の時を経て記録的に成長し続けるSPA社の旗艦企業として、First Myanmar Investment Co,.Ltd.(以下FMI社)がミャンマー取引所に最も初期の公開企業として上場しています。

SPA社の6つの基幹事業
1. 不動産事業:現在4つのメインプロジェクトが進行中。Hlaing Golf Estate, Star City, FMI city などレジデンシャルコンプレックスを開発しています。
2. 銀行業:ミャンマー国内に銀行を持っており、現在支店で展開しています。近々51支店にまで新店舗を増やす予定です。
3. 自動車産業:Dongfeng Automobile Company of Chinaと提携し、組立からアフターサービスなども行っています。将来的には、トラックの組み立て、製造も行えるようにしていく予定です。
4. 農業:ミャンマーのエーヤワディー管区に100,000エーカーの農園耕作権を持っており、近年は環境問題バイオディーゼルのニーズをとらえのジェトロファの生産をメインとしています。最新技術によって、より効果的にジェトロファオイルを抽出する方法が改良されています。現在2,000エーカー未満での生産のため事業としての規模ではありませんが、今後増える需要によっては増やしていくつもりです。
5. サービス業:多数のサービス事業を展開しています。
6. 製造業

プラス 投資管理業:主に、ミャンマーの国に対する投資について外国人投資家がどのように投資を行うのかなどを支援しています。投資は、直接投資やファンド設立、不動産投資など様々です。

それぞれ、1から6の事業運営、プラスの投資管理業は、それぞれSPA社のある3フロアある本社機能によってマネージメントされています。全てのファイナンス機能、人事機能はここに集まっています。

■同社の強みと弱み
SPA社の強みは、国際基準の企業であるということです。マネージメントチームは国際的背景を持った人物ばかりなので、それに適うパートナーシップを資質を持っています。そして、国際的なグループとして非常に興味深い様々な地域で展開しています。
弱みについては、今ものすごくエキサイティングな市場として熱を帯びている中、多すぎる機会があるという点です。如いては、限られたソースの中でやるべきことが多すぎて、慎重にこの恵まれた機会を選択しなければならないということになります。

■ミャンマーのビジネス環境について
急速に発展を遂げるミャンマーのビジネスシーンにおいて多くの変更するべきことがありますが、その中でも国が早いペースを保ちながら成長するために必要な4つの要素を教えてもらいました。
1、 融資 :ミャンマーの企業が融資を受けることは簡単ではありません。それによって新しく事業を行ったり、発展させたりすることにかなりの制限がでてきます。
2、 資本主義:資本主義であることは最も大切なことの一つです。インフラを構築させることにおいて明確にわかることでしょう。
3、 パワー:電気の供給が不安定なので、産業の発展に妨げることのない電力供給は非常に重要です。開発中のStar cityなどは、電力開発を行うジェネレーターを自前で備えていますが費用がかかるため全てがそうではありません。政府もバックアップもしていこうとしています。
4、 法整備:全ての法整備は素晴らしいのですが、外国人投資家による投資を考えた場合、税金や所有権について慎重に検討する必要があります。

■データ
・グループ全体従業員数 4000名~6000名 (プロジェクトにより常に変動)
・YSH社、FMI社のみ公開会社のため単独のデータはない
・取引先企業例:スズキモータース、日産、三菱商事 など

■グローバルな取り組みについて
・SPA(Myanmar)社は主にミャンマー国内マーケットに対する事業を展開していますが、数多くの外国企業とのタイアップを常に希望しています。マーケットに数ある機会に対し取捨選択をすることを目指しているため、国際企業として、ローカルパートナーとしてのノウハウや国内の制度やシステムに適うようナビゲートすることが可能です。